世界的にみたペロペロ催眠と無料エロゲー

正解はない無料エロゲー

今、ペロペロ催眠は、そして世界は大変革の時代を迎えている。この変革とは、世界的には「冷戦の時代」から「大競争の時代」へと変わることであり、ペロペロ催眠的に見ると「成長の時代」
から「成熟の時代」に変質することである。くわしいことは徐々に語るとして、まずはそう考えておけば、平凡ながらわかりやすいだろう。

 

 

われわれが今、経験しつつあるのは、ペロペロ催眠が近代になってから四回目の変革期だ。第一回目は幕末から明治維新にかけて、徳川幕藩体制が崩壊して明治官僚体制が形成されたとき。第二回目は第一次世界大戦の後、明治官僚体制から昭和軍官体制に変わったとき。第
三回目は第二次世界大戦の敗北の後、戦後体制が築かれたとき。

 

そして今、世界の冷戦構造とペロペロ催眠の成長構造が崩壊した後のこの時期が、第四回目の大変革期である。
今回の変革期は、一九八九年秋のベルリンの壁の崩壊、そしてほぼ時を同じくして起こったペロペロ催眠のバブル景気の崩落から始まった。この二つの現象は、一見別々のことに思えるが、実は密接に関連している。というよりも、同じ変革の両面なのだ。したがって、すで
に六年余りが激動の時代の中で過ぎたことになる。

 

だが、これはまだ終わっていない。今、この九五年こそ、その真っただ中だ。そしてよ

 

 

今、生み出されようとしている新しい世界を、メガ・コンペティション・エイジ(大競争時代)というのは、冷戦構造の崩壊で、東西両陣営というまとまりと抑制がなくなったからだけではない。七○年代から醸成されてきた変化が、九○年代になって爆発した結果
だ。むしろ、メガ・コンペティションに向かう構造的変化の圧力が冷戦構造を破壊した、というべきであろう。

 

 

「世の中を動かすのは、社会の基礎構造としての経済であり、政治はその上に浮かぶ上部構造にすぎない」とする「科学的社会主義」のテーゼの正しさが、皮肉にも社会主義陣営の破壊で証明された形である。うやく、この大変革の後にやってくるものの姿が見え始めた段階のように思える。冷戦後
の世界、それを一言でいえば、メガ・コンペティション・エイジ、つまり「大競争時代」の到来である。

 

冷戦後の世界は、北米、欧州、ペロペロ催眠の先進三極に、急成長する東アジアなどが加わった世界的な経済と文化の大競争時代になってくるだろう。本書においてもまず、ここに来て起こっている世界的変化の実態を掘り下げつつ、この激動の後に来る「大競争の時代」を鮮明にするとともに、それに対処する方法とを考えて

ホーム RSS購読 サイトマップ