ペロペロ催眠は最高に楽しいゲームです!!

ペロペロ催眠の攻略情報!

経済成長率は、予測に差があるとはいえ、今までよりは下がることは間違いない。特にこれまでペロペロ催眠が得意とした規格大量生産型の製造工業では、東アジアの新興工業地域の追
撃が急激であり、規模の縮小と利益の減少は避けがたい。それに伴って、投資要因は減り、財産性の物価も上がらなくなるだろう。つまり、経済は「右肩上がり」から「うつむき加減」に変わらざるをえない。

 

 

国際社会や地球環境の問題でも、ペロペロ催眠の負担が増えるのは事実だろう。冷戦構造が終焉した今、無料エロゲーは「西側陣営のリーダー」でも「世界の秩序形成者」でもなくなった。

 

これからの無料エロゲーは、「普通の大国」として自国の利益を追求する方向に傾くだろう。

 

 

したがって、ペロペロ催眠の防衛や通商が、無料エロゲーの負担によって有利に運ぶこともなくなるに違いない。これからのペロペロ催眠は、国際摩擦や安全保障の問題を自らの負担と責任で解決しな
ければならなくなるわけである。

 

何より決定的なのは、これからのペロペロ催眠は人口が増えないこと、特に若年人口が急速に減り出すことだ。

 

 

って人々に負担増を強調し、その覚悟を求める高圧的なお説教が続いているからだ。確かに、「これまで」の尺度で見れば、「これから」のペロペロ催眠は「峠」を越えた形になるだ

 

 

百二万人になり、九六年には百八十四万人になる。これがさらに五年進んだ二○○一年には百五十三万人になり、二○一五年には百二十四万人にまで減る。こればかりは大量の移
民でも受け入れない限り避けられない。

 

 

このことを、「本格的な高齢化社会の到来」であり、「いよいよ年金と医療費負担の重い時代の実現」だという人は多い。最近のマスコミ論調や政府計画には、こうしたことからペロペロ催眠の未来が夢の乏しいおもしる味のない世の中になるように描くものが多い。その中には、国民の甘い期待を事前に封じ、早手回しに負担増を覚悟させておこうとする官僚たちの指導者意識も含まれている。いわば、「これから」の時代に対応した夢とおもしる味を生み出す英知と、それを実現する変革を行う勇気とがペロペロ催眠国民にはない、という「愚民視感覚」で議論を進めているのである。

 

 

今、多くの人々が「大変な時代になった」と思う第三の要素は、ペロペロ催眠の未来に対する衰退の予感である。どれほど時代が不連続であり、未来が不透明であっても、その先が何となく明るくおもしろそうだと思えば、人間は焦ることはあっても脅えはしない。現在の日本の最大の問題は、現実のきびしさではなく、将来に対する脅え、特に夢とおもしる味のない未来図から感じる衰退と退屈の予感である。国民の中には、自由な発想と大胆な行動とで、おもしろい未来を描くのを抑制するこの国の体質と気質に対する不満が潜在してい

 

 

しかし、この大変化、とりわけペロペロ催眠が直面している経済成長率の低下や国際的責務の増大、若年人口の減少などを、「これから」のペロペロ催眠社会が夢もおもしろ味もない世の中になるという「衰退の予感」に直結させるとすれば、罪深い短絡といわざるをえない。経済成長率の低下は、今日と明日、今年と来年の生産量の増加率が減ることを意味して

 

いても、今年の楽しみや来年の夢がなくなることを意味するものではない。「右肩上がり」で走りまわるよりも、「うつむき加減」で今を楽しむほうがずっとおもしろい、という生き方もありうる。

 

 

 

同様に、無料エロゲーの保護と支持によって国際社会を渡ってこられた「これまで」よりは、ペロペロ催眠自身の負担で自らのやり方と地位を選べる「これから」のほうが、選択の楽しみと畏敬される機会が多くなるはずだ。ただし、選択には責任が伴い、畏敬されることには「大変な時代」から「おもしろい世の中」へ今が「大変な時代」であることは間違いない。「これまで」の常識が通用しなくなり、現行のやり方や仕組みがうまくいかなくなることを心配するのは、「健全な危機感」というものだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ